キャラバンについて


書道家 粟津紅花と箸文化講師 平沼芳彩の共通のテーマである「持ち方」
小学生の約8割が鉛筆も箸も正しく持てないという現状、子供たちにとって一生の宝となる鉛筆と箸の持ち方を

指導するために2017年より夏休みに各地で開催しております。

 

学べる内容

 ●鉛筆のあれこれ
 書道家による鉛筆の歴史、種類など鉛筆にまつわるお話のあと、正しい持ち方を覚えます。
 親子で一緒に楽しく覚えましょう。
 プロからきれいな文字が書けるアドバイスも受けられます!


●箸のあれこれ
 箸文化講師による箸の歴史、種類など箸にまつわるお話のあと、正しい持ち方を覚えます。
 一度覚えたら一生の財産になります!


<マイ箸作り>
 それぞれ自分の手のサイズに合ったハシの長さを知り、マイ箸作りをします。
 体によい材料を使った安心安全な箸ができあがります。
 夏休みの自由研究にもお役立ち!

 

 

当日の流れ・所要時間

受付開始
書道家による鉛筆にまつわる話、えんぴつの持ち方の説明(20分)
箸文化講師によるはしにまつわる話、はしの持ち方の説明(20分)
それぞれの手のサイズに合ったマイ箸作り(30分)
(体によい素材にこだわった良質のはしです。)
質問タイム(10分)
片付け。(10分)

教育機関・各種団体様より依頼を承ります。

お申し込み・お問い合わせは、問い合わせフォームより